iPagerank
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise 米、タカタ製造のエアバッグの不具合に関して「すぐに修理を」求める声明
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise
2ちゃんまとめを中心にニュース、政治、芸能、趣味の情報を!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米、タカタ製造のエアバッグの不具合に関して「すぐに修理を」求める声明
1:2014/10/24(金)22:36:10 ID:

米 日本製造のエアバッグ不具合「すぐに修理を」

アメリカ運輸省の道路交通安全局は、日本のメーカーが製造した車のエアバッグの
不具合が原因でリコールされた474万台余りの車の所有者に対して、すぐに
修理するよう求める声明を発表しました。

この問題は、日本のメーカー「タカタ」が製造したエアバッグが作動する際に金属片が
飛び散って乗っている人がけがをするおそれがあるとして、リコールが相次いでいます。
この部品の不具合が原因で、トヨタ自動車が77万台、ホンダが280万台、日産自動車が
43万台さらに欧米のメーカーなど合わせて474万台余りがリコールの対象となっています。
アメリカ運輸省の道路交通安全局は20日、リコールが相次いでいることを受けて対象
となっている車の所有者に対して、すぐに修理するよう求める声明を発表しました。

画像:株式会社タカタの企業サイト


↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141021/k10015566231000.html

NHKニュース 10月21日 11時25分

≡゚ω゚) リンク先に動画があるよ~♪

2:2014/10/25(土)10:32:49 ID:
支那製みたいなお粗末エアバックだな

3:2014/11/01(土)20:35:53 ID:
タカタのエアバッグ欠陥、ロサンゼルスでも集団提訴 ホンダも

タカタ(東京)が製造、ホンダが車に搭載したエアバッグの欠陥によって利用者が死亡したとして、
米ハワイ州の男性らが10月31日までに、両社に損害賠償を求める集団訴訟をロサンゼルスの
連邦地裁に起こした。

タカタのエアバッグをめぐっては作動時に破裂して金属片が飛び散り、乗員が負傷する恐れがあり、
自動車の大量リコール(無料の回収・修理)につながった。原告は、フロリダ州の女性が欠陥のある
エアバッグを搭載した車を利用中にエアバッグが破裂し、鋭利な金属片が首に刺さって死亡したとしている。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.sankei.com/world/news/141101/wor1411010023-n1.html

産経ニュース 2014.11.1 13:15

4:2014/11/01(土)20:38:27 ID:
毎度アメリカの難癖うぜーって思うけど
これは良い指摘なので改良すると更に日本企業有利になる?

5:2014/11/19(水)17:37:20 ID:
タカタ製エアバッグ、全米にリコール拡大 米当局指示

日本の自動車部品メーカーのタカタ(本社・東京)のエアバッグの不具合をめぐる問題で、
米高速道路交通安全局(NHTSA)は18日、ホンダなど各自動車メーカーに、リコール(回収・無償修理)対象を
全米に拡大するよう指示を出した。これまで米国では限られた地域がリコール対象となっていたが、今回の措置で、
新たに「数百万台規模が対象になる」という。

NHTSAの発表によると、今回のリコール対象は運転席用エアバッグ。車が衝突した際、
破裂して車内に金属片が飛び散るおそれが指摘されている。

米国でのリコールは当初、フロリダ州やアラバマ州など米南部に限られていたが、
「ほかの地域でも不具合が見つかった」として全米に拡大された。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.asahi.com/articles/ASGCM2VDFGCMUHBI00M.html

朝日新聞デジタル ロサンゼルス=畑中徹 2014年11月19日10時55分

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。