iPagerank
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise あなたは正しいネコの飼い方を知っていますか?半数の人がストレスを与える飼い方をしている事が明らかに
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise
2ちゃんまとめを中心にニュース、政治、芸能、趣味の情報を!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは正しいネコの飼い方を知っていますか?半数の人がストレスを与える飼い方をしている事が明らかに
1:2014/10/06(月) 22:59:29.58 ID:

ペットを撫でること。
実はそれは極めて大きなストレスを与えているだけなのかもしれません。

最近の研究では半数の人が「正しいネコの可愛がり方」を知らないという調査結果が出ています。
特にネコを撫でてあげるという行為について正しい認識をする人は少ないと専門家は言います。
「例えば長時間撫でることは猫にとって非常にストレスとなります。」

調査によれば、55%の人が同居するイヌやネコに無理解によるストレスを与えていること、
そして逆に25%の人が長時間撫でる行為がストレスになると認識していたことを明らかにしています。

また抱擁する場合は抱きしめるのもNGです。
彼らはスペースを必要としています。

以下はネコについて気をつけるべき点です。
1、ストレスの兆候のあるネコを抱きしめないこと。
2、隠れ場所を用意し、自由にアクセスできるようにすること。
 ダンボールを逆さまにしただけの簡単なものでも構いません。
3、ネコは特に高い場所で安心する習性があります。
4、十分な食料と水、清潔なトイレがあること。理想的なトイレの数は飼い猫の数+1です。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2781116/Pet-owners-warned-not-comfort-cats-stroking-snuggling-stresses-out.html

2:2014/10/06(月) 23:00:03.59 ID:
猫嫌い

3:2014/10/06(月) 23:00:45.18 ID:
>>2
が嫌い

4:2014/10/06(月) 23:01:44.35 ID:
いっつい飼いすると犬と変わらんからな~(*^_^*)

5:2014/10/06(月) 23:01:50.12 ID:
え?トイレって2個あったほうがいいのか?
今知った・・・

6:2014/10/06(月) 23:02:05.94 ID:
ストレスの兆候のあるオヤジなら見たことある

7:2014/10/06(月) 23:02:08.52 ID:
人間に飼われること自体不自然じゃん
ストレスを与えないようにしたいなら猫なんて飼うなよ

12:2014/10/06(月) 23:03:49.63 ID:
やはり複数頭飼いは難易度高いのか

13:2014/10/06(月) 23:03:55.72 ID:
猫が魚好きだと思ってる飼い主が多い

14:2014/10/06(月) 23:04:54.23 ID:
十分な餌なければ鳥を狩ってくうさ

16:2014/10/06(月) 23:05:10.70 ID:
猫はうんことおしっこは別の場所でする

18:2014/10/06(月) 23:05:35.23 ID:
家の猫は優秀だなストレスを感じた瞬間すぐ逆襲してくるぞ。

20:2014/10/06(月) 23:05:50.77 ID:
中川翔子のことか。

猫って、触られるのが嫌いだからな。
犬と勘違いしてる人が多い。

21:2014/10/06(月) 23:06:12.85 ID:
長時間撫でるのがストレスって、どれくらいの時間のことなのか?
そりゃ120時間連続で撫で続けたら寝れないし飯食えないしストレスたまるだろ

22:2014/10/06(月) 23:06:18.80 ID:
田舎で放し飼いしてた
どこでウンコしてたのかすら知らない

23:2014/10/06(月) 23:07:34.92 ID:
>>18
うちのもストレスをガマンするタイプじゃないわ
>>1
みたいなのはガマンするおとなしい猫だけだと思うけどな

24:2014/10/06(月) 23:07:45.75 ID:
動物好きじゃなくて猫好きなやつは高確率で人格に問題有りだからそんなもんだろ

25:2014/10/06(月) 23:08:02.66 ID:
うちの猫はさわってくれーさわってくれーって近寄ってくるからしょうがなくよしよししてあげる

26:2014/10/06(月) 23:08:03.17 ID:
ニャンコとマンコしてみたい

27:2014/10/06(月) 23:08:12.86 ID:
人間はだっこしてるつもりだが、奴らは乗っかってる認識だからな

28:2014/10/06(月) 23:08:17.12 ID:
白亜紀の地層が露出してるのか

29:2014/10/06(月) 23:08:17.99 ID:
ストレス解消をするために勝手に出歩くのかと思ってた
てかストレスをなるべく与えないようにするのはわかるけど
ぬるま湯な生活させてもアカンのでは?

30:2014/10/06(月) 23:08:29.14 ID:
ブラッシングはストレスどうなんだ?
しないと抜け毛が腹に溜まって
それ吐き出すために草食って緑のゲロ吐くんだよな

31:2014/10/06(月) 23:08:31.60 ID:
室内で飼っている時点で

32:2014/10/06(月) 23:08:47.24 ID:
時間帯によるね
昼とか撫でるとゴロゴロ言って腕枕で寝るよ

33:2014/10/06(月) 23:08:51.13 ID:
今日のトリビア

猫に玉ねぎを与えては絶対にいけません、下手したら死にます

34:2014/10/06(月) 23:09:18.80 ID:
ブロロロローって言いながら頭を擦り付けてくるんだが
空中で手をワキワキしてたら向こうからくる
何時間なでても終わらん

35:2014/10/06(月) 23:09:37.10 ID:
トイレはは4個置いてるが
なぜか全員1つのトイレをメインに使う
2個ぐらいはほとんど使ってない

36:2014/10/06(月) 23:10:17.02 ID:
噛み癖のある猫はどうしたらよいでしょうか?

37:2014/10/06(月) 23:10:23.76 ID:
昔こたつで寝てたら、ぬこが俺の顔の上に座って眠り始めやがった

38:2014/10/06(月) 23:10:31.33 ID:
コタツで寝てる時は滅茶苦茶撫でられると喜ぶぞ
お腹とか喉の下とか
お腹キューって押すとアマガミして腕を抱え込んで
猫キックしてくる

39:2014/10/06(月) 23:10:50.49 ID:
そもそも猫なんて飼わなきゃいい

40:2014/10/06(月) 23:11:07.32 ID:
足にスリスリされてストレス感じる人間のことも考えてくれ。飼ってもいない野良猫なのに。

41:2014/10/06(月) 23:11:14.16 ID:
星新一

42:2014/10/06(月) 23:12:15.98 ID:
猫が自分の膝に乗ってきたときにここぞとばかりに撫でてると
必ず手でパシッてされる謎がとけた

43:2014/10/06(月) 23:12:33.65 ID:
マンションの二階だけど放し飼いと言うか放牧してる
窓あけとくと帰ってくるからね
出すと喧嘩ばっかしてきて
たまにフルボッコにされて帰宅する
やられた時だけ俺のとこきて弱々しく鳴いて寝るんだよね

44:2014/10/06(月) 23:12:42.50 ID:
触り過ぎると怒るからな
本当に数回ナデナデしか許してもらえない

45:2014/10/06(月) 23:12:47.07 ID:
猫をストレスでズル剥けハゲにしてる中川翔子の事か

46:2014/10/06(月) 23:12:53.18 ID:
そんなもの千差万別だと思うがねえ。
毛繕いをサボりまくって、もつれているから解いてくれと寄ってくる奴がいるんだが…

47:2014/10/06(月) 23:13:11.33 ID:
強盗猫 続編
「…おい。しっかりしろ」
寒い寒い風の吹く、冬の日だった。
お腹がすいて草むらにへたり込んでいた僕に
1匹の猫が声をかけて来た。
「ちいさいな…おまえ、母ちゃんやきょうだいはどうした」
「…わかんない。いつのまにかひとりになってた」
「そうか…。どこか行くあてはあるのか」
「……ううん」
「……」
「……」

「…おい、ちび。包丁はもっているか」
しばらくの沈黙のあと、その猫は僕に言った。
「?」
「もってないのか…なら、これをつかえ」
そう言って彼は、一本の小さい包丁を取り出した。
ちょっと古ぼけてはいたが、それでもきらりと光っていた。
「おれは…もう、つかえないから」
彼は、ちょっと寂しそうにそうつぶやいた。
よく見ると、彼の体はうっすらと透けているように見えた。
「いいか、これからおしえるにんげんのいえへ行け。
そしてこの包丁をだして、今からいうとおりにしゃべるんだ。
しっかりおぼえろよ。…」

僕は彼から教わったとおりに、人間の家へ行ってこう言ったんだ。
「かっ…かねをだちぇ!」

…その後のセリフを上手く言えたかは、あまりにもハラペコ過ぎて
正直よく覚えていない。
人間は最初目をまあるくして、そのあと目からぽろぽろ水を出して
僕の頭をわしわしなでてくれたのは覚えている。
きみにはまだカリカリは早いな、かんづめとミルクだね、って言って
いっしょにお店へ行ってくれたんだ。

…僕はそのまま、その家の猫になった。
風のぴゅうぴゅう鳴る音を聞くと、あの時のことが思い出されて
ふっと振り返ると、あの猫―先代猫が、小さな四角い枠の中で
すまして座っていた。

あの時もらった包丁は今も、大事に手入れして持っている。

48:2014/10/06(月) 23:13:28.62 ID:
>>17
評価する

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。