iPagerank
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise 韓国が輸出する超小型犬の悲劇
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise
2ちゃんまとめを中心にニュース、政治、芸能、趣味の情報を!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国が輸出する超小型犬の悲劇
1:2014/08/06(水)20:56:12 ID:

ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の「工場」で大量生産され、ストレスと感染症の危険を背負いアメリカに送られる

 ティンカーベルと名付けられたその犬のサイズに驚いたのではない。ニューヨークの獣医師ロバート・ジャオは、以前にも「ティーカップ犬」の噂を聞いたことはあった。ティーカップにも収まるとのうたい文句で売られる、極小サイズに育てられた犬のことだ。

 むしろ彼がショックを受けたのは、あまりに幼く弱り果て、病気を患ったこの子犬が、はるばるアジアからアメリカまで運ばれてきたことだ。

 マルチーズのティンカーベルは、ジャオが診察したその時、生後たったの3カ月だった。韓国からの長い旅を経てテキサス州の小売業者の元に運ばれ、2日前にニューヨーク近郊の空港に到着したばかり。下痢や腸内寄生虫、眼感染症やケンネルコフと呼ばれる呼吸器の感染症などの慢性病に侵され、何とか生き延びている状態だった。

 対面したときには排泄物にまみれて咳き込んでおり、何かがおかしいのは明らかだった、と飼い主のジリアン・チビターノは言う。ウイルス感染の症状が表れるまでの潜伏期間を考慮すれば、この病状はおそらく飼い主の責任ではないと、ジャオは言う。チビターノは、破格の4000ドルを払ってテキサスのオンライン業者から病んだ子犬を買ったことになる。

 さらに衝撃的なのは、ティンカーベルの悲劇が決して特別なケースではないということだ。

 かわいらしいが論争の的のティーカップ犬は、セレブたちのニッチ市場で大人気。成犬でも2キロ以下にとどまるよう育てられるこうした犬すべてが、過去にトラブルを起こしてきたわけではないが、問題は多数報告されている。

 多くはアメリカ国内で育てられたものだが、国外から輸入される場合もある。問題視されているのは、韓国産の犬だ。ろくに規制が存在しない環境で子犬を育て、弱り果てた子犬を欧米のリッチな客に供給する──そんな韓国のティーカップ犬産業が急成長している。彼らは韓国やアメリカの動物保護団体の抗議の的。時にはアメリカの動物保護法にも違反しているようだ。

全文はこちら NEWSWEEK
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3355.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3355_2.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3355_3.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3355_4.php

2:2014/08/06(水)21:36:54 ID:
近親交配で遺伝的にもおかしくて、近親交配で体も心も壊れてるのが多いらしいね。それを韓国人が作ってると云うのは、何と言う皮肉か。

3:2014/08/06(水)23:07:51 ID:
テョンガーベン、遺伝子異常。

4:2014/08/07(木)09:50:23 ID:
これ、韓国で作られてたの…

5:2014/08/07(木)09:59:32 ID:
アメリカの検疫ってザルなん?

日本も口蹄疫やらなにやらあるけど
もっと韓国の衛生状況鑑みて

輸入・往来に対して危惧したり

危機感持ったりした方がいいんじゃねーの?と

6:2014/08/07(木)10:02:34 ID:
飛べないピーターパン 米
間の抜けたティンカーベル 火病

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。