iPagerank
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise 未分類
エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise
2ちゃんまとめを中心にニュース、政治、芸能、趣味の情報を!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケモンGOによる株価の動きの真実
1:2016/06/21(火)16:59:14 ID:


POKEMON GOが公開され、一気に任天堂の株が倍に跳ね上がり、任天堂から「POKEMON GOにおける業績は限定的」と、発表があると株価はあっという間に下がった。


これは、どうした事か?

トレーダーや株に携わるビジネスマンが、このアプリを任天堂が開発したものだと思い込んでいた。
これが、一番の原因で、彼らはPOKEMONN GOもプレイせず、そのアプリの権利者に関しても何一つ確認もしないで、大きな金額をそこへ投入した訳だ。

この件は、ある程度ゲームと云うものに関して情報を得ながらプレイしている者からすれば、大笑いである。


最低でもプレイすれば、別の開発会社の画面が表示される事で任天堂がリリースしていない事くらい誰でも判る事だ。

しかし、ニュースにおいても、メディアのコメントにしても、それがあたりまえであるかの様に報道されている。
つまり、彼らは他の業種に関しても、その程度の理解や知識しか持ち合わせていないという事だ。


今回、ゲームに多少詳しい人たちには良く伝わったと思えるが、彼らは、エリートビジネスマンと云われている割には、その程度の連中なのだ。



しかし、この事を別の視点で捉えれば
任天堂は、開発させた会社の権利を買い上げて自分のものにする様な大会社にありがちな方法を行わなかったと云う事だ。

日本の他の企業や、そこの株主なら、そんな会社、とっとと手に入れてしまえと云う者が大半だろうが、それを行わないのだ。
コレは、他の企業とも共栄共存出来る、世界的に見ても成熟した企業と云えるのではないだろうか。


特に一つ前の 故 岩田社長は社長になる前の時から、他の会社とパイプとなり㈱ポケモンのベースになる提案もしていたし、自分自身も任天堂に入社する以前から、任天堂や他の会社とも仕事を通じ開発者同士、人間同士の繋がりを大切にしてきた。

誰もがゲームを通して、ワクワクし幸せを感じる世界を作る為に、人の何倍も努力を行なってきた人だ。


短絡的に目先の儲けだけを考える事はせずに、ひとつの商品を大きなプラットフォームにする事で沢山の人たちがハッピィになれると信じていたのではないだろうか。


POKEMON GOに対して安易に騙る者たちには、その思いは伝わらないかもしれないが、プレイヤーたちには、いずれ他のアプリとの決定的な違いが次の楽しさを産み出す何かを与えてくれると信じている。








>>続きを読む
スポンサーサイト
「POKEMON GO」は、ゲームの未来を切り開いた!!
1:2016/07/18(月)07:16:03 ID:



今回のPOKEMON GOの成功に関して、やっとこの日が来たかと云う思いがある。

配信が遅れたとか、そう云うことではない。

今迄のスマホのゲームと云えば、カード集め、紙芝居、落ちげー等にキャラクターを単に足して広告を打ってゲームに関しては奥行きの無い片手間に出来るものであった。

その上、ゲーム自体をある意味そうしたものである様に思わせる世界を作ってしまった。


しかし、ココに今迄のゲームの名を騙った集金ツールとは違う、スマートフォンならではのゲームがやっと登場したのだ。

カメラ機能でリアルタイム画面合成を行い、実世界にポケモンが現れる。

GPS機能でポケモンの位置やポケストップ、ジムの位置が実世界の場所にオーバーラップする。

通信機能によって、ポケモン同士をバトルさせられる。

そして、プレイヤーがどれだけ歩いたかが経験地やタマゴの孵化の条件になる。

こうした、スマートフォンの各種の機能を有機的にまとめあげたゲームシステムはプレイヤーに本当の意味でスマートフォンのゲームで遊べる事の楽しさを伝える事が出来る。


かと云って、そうしたシステムさえ在ればイイのか? と、云えば、そうでは無い。

POKEMON GOの前身にあたるイングレスは、ポケモン等は発生しないがGPSとカメラのVR的なシステムを駆使し画期的なゲームだった。
ゲーム自体は、イングレスのゲーム内で作ったチームに参加し陣地を取っていく内容で、それも確かに面白いのだが一般に対する訴求力は無かったと云えるだろう。

しかし、イングレスが在ったからこそPOKEMON GOはある。
それは、システム的な事だけでは無く、実際のマップに配置されるものに関しても、イングレスのプレイヤーが作った陣地がPOKEMON GOのポケストップにそのまま使われている事でも判る。


左がイングレスのもの、右がPOKEMON GOのものだ、登録された名称や画像等も同じデータである事が判る。


このイングレスのシステムにポケモンの世界を融合させる事が成功の大きな鍵なのだが、イングレスでは発生しないポケモンを発生させるアルゴリズムに大きな課題が在ったのも事実だ。

イングレスは固定の場所が陣地に登録されており移動しない。
つまり、問題の歩きスマホと云う課題は無いのだ。

ポケモンを融合させる為には作る前から、この問題に関して開発者たちは判っていた筈で、実質的にも大きな配慮を持って開発を行ってきた事は想像に難くない。



しかし、問題はソフトの開発だけで解決が出来ない部分が在る事だ。

まず、ベースとなっているグーグルマップはいつでも最新か?
道幅や公園などの形は同じか?

外環自動車道の工事の行われている我が家の近くでは、工事の進行によって横切る為の道がしばしば変わるのだが、POKEMON GOの地図では、変更された道は異なる道が表示されていた。

道幅や形状は、データを無駄に大きくしない為に簡略化されている。基本的に直線で繋げられている。

更に、GPSは最近制度は良くなったと云われるが、実際にGPS衛星を幾つ測位しているか等で制度は大幅に変化する。

以上の事から云えるのは、開発者がどうがんばっても、多少変な場所にポケモンが発生する可能性はなくす事ができないと云うことだ。


そして、ポケモンには属性と云うものがあり、火ポケモン、水ポケモン、土ポケモン、空ポケモン等と云う、ポケモンの生息する場所が設定されている。

通常のゲームであれば、火口近辺に火ポケモンを発生させ、釣りをする事で水ポケモンを発生させる事ができるが、実世界では、そう云う訳には行かない。

しかし、山の上の展望施設に空ポケモンを配置したり、池の側に水ポケモンを配置する事でポケモンの世界観と現実を繋ごうと努力はするが、マップの情報や位置の情報は前に云った通り正確とは云えない。


その為にポケモンが発生するのはプレイヤーのすぐ近くに発生させている。
(コレはふしぎなおこうと云うアイテムを使っている。)

かと云っても、ポケモンが居そうな場所として木の葉が舞い上がる演出が在るのだが、道を挟んだ公園内でそれを安全に発生させたとしても、道を渡っていないプレイヤーにとっては、その場所にすぐに駆けつけたいと思うあまりに道路に飛び出す可能性等は残るし、人が沢山居る場所では急激に流れを変えて動くプレイヤーが居なくなるとは思えない。

こうした問題は、ほぼプレイヤー側に在る問題と云えるが、だからと云って開発は放置する事はできない問題と云えるだろう。
通常の場合、開発者がマップを見ながらポケモンを配置する場所は限られており、グーグルマップの情報をプログラムが読み込みこの場所は公園だとか川だとか認識して、公園の外周部から内側xメートルの場所に発生させるとか、ポケストップの周辺3メートル内に発生させる様なアルゴリズムになっていなければ、世界中の色々な場所でポケモンを発生させる事は不可能なのだ。




任天堂は、良質のソフトを作り、良質さゆえに売れると云う事をまるで哲学で在るかの様に行なってきた唯一無二の存在である。
そんな会社が在る事だけでも誇らしく感じる。


しかし、「売れたものが良質である。」と、短絡的に考えるのが資本主義社会の現実だ。

そう考える事があってもそれは自由だ、だが、その繰り返しで 新しいイノベーションは起りにくくなり、同じ様なもののバージョン換えの様な安易なものを送りこまれるユーザーは、もうウンザリしている。


そうしたメーカーは、この成功に乗り似た様なゲームを出すかもしれない。
しかし、ストリートファイターⅡの本質を知る数多くのプレイヤーたちは、単に似せてもダメだと云う事を知っている。

ところが経営者がそれを知っているとは云い難いし、実際にマーケッターや経営者は本質を見抜く事が出来ずに、似て非なる馬鹿げた商品を作り続けさせてきた事も事実だ。


良質なモノを生み出し、それを沢山の人間と共有できる画期的なソフトが誕生したのだ。 

こうしたハードウエアを開発したアップルの故スティーブジョブスも、志半ばに生涯を閉じた故岩田社長も、この瞬間を待ち望んでいたに違いない。

この良質なソフトが、これからのソフトの質を牽引しユーザーたちを楽しませ、新しいゲームの世界を切り開いて行く原動力になる事を祈っている。


そして更に事故などが起りづらくなる様なシステムの構築を引き続き期待したい。



http://www.pokemongo.jp/



>>続きを読む
日米地位協定に関して視点を変えて考えてみる
1:2016/05/30(月)12:56:22 ID:



沖縄でトラブルが在る度に、「日米地位協定」と云う言葉がメディアに登場する。

自分も深く考えていなかったので、当然 米兵であっても日本で犯罪を犯しのであれば日本の司法によって裁かれなければならないと云う思いがあった。

今回の沖縄での事件でも、その思いは変わらなかったのだが、一つ気になることがあった。

中国軍の基地を外から撮影していた日本人が長期拘束されて開放されていない事件が今も続いている事をご存知だろうか?

中国 日本人拘束、新たに2人 上海・北京
【上海・林哲平】上海で6月、50代の日本人女性がスパイ行為に関与したとの容疑で中国当局に拘束されたことが11日、日中関係筋の話でわかった。一方、政府関係者によると、北京でも60代男性が拘束されたといい、同様の容疑で当局に拘束されている日本人は、計4人となった。


 関係筋によると、上海の女性は東京都新宿区の日本語学校の関係者。中国に親族が住んでいるとの情報もある。北京で拘束された男性は大手企業を退職した民間人。

 中国では北朝鮮国境に近い東北部・遼寧省丹東で50代半ばの日本人男性=神奈川県在住=が、東部・浙江省温州市平陽県の軍事施設周辺で別の50代前半の日本人男性=愛知県在住=がともに5月、スパイ行為に関与したとして拘束された。

 中国外務省も9月30日の定例記者会見で男性2人の拘束の事実を認め、法律に従って取り調べをしていると説明している。拘束は長期間に及んでおり、健康状態などが懸念されている。

転載元 毎日新聞オンライン http://mainichi.jp/articles/20151011/ddm/002/030/085000c

この事件は2015年10月11日のものだ。

この事件に関して我々は何を思うだろうか?

中国政府は非人道的であり、何をしでかすか判ったものではない。早く開放すべきだし、それが難しくても彼らと面会させて情報を流して欲しいと考えるだろう。

そこなのだ、それこそがアメリカが日本との地位協定を譲らない根本の部分なのだと云えるのではないだろうか。
アメリカは日本の司法を信用していない。

取調べの可視化もろくに出来ない、ブラックボックスの中で捜査や判断が行われる日本の司法制度はアメリカにとっては、日本人が中国などの司法制度を不安げに眺めている姿と変わらないと云う事だと思えるのだ。

だからこそ、自国の兵隊を日本の司法に渡す様な非人道的な真似をしないのだ。

これから自衛隊が海外に行き、無法地帯の様な国に拘束された場合、日本政府はどうするつもりなのだろうか?

自衛隊員は海外では基本的にほぼ民間人扱いだ。

 彼らは何かあった場合その国に拘束されてしまう。
国によっては、我々が考える公平公正な司法手続きが行われる可能性はほぼ無い。

下手をすれば、すぐに処刑される可能性もある。


アメリカが今の日本をそこまで酷く見ているとは思えないが、根本の部分では信用されていないのだ。
アメリカ人をアメリカと云う国は絶対的に守るのだ。

それが、地位協定にも現れていると云う事と、その視点を日本人は考えなければならないと思う。


広島で行われた、オバマ大統領と安倍総理のメッセージの差はアメリカと日本の政府や司法の成熟度の差とも云えるのかもしれない。



>>続きを読む
TOYOTAは今もISILに対してクルマを供給しているのか?
1:2015/02/11(水)12:07:45 ID:




ISILの問題で過去に報じられたものだが、なぜ彼らがTOYOTA車を大量に持っているのかが問われた事があったが

米財務省がTOYOTAに対し取り調べを行ったが、トヨタは、イスラム国がどのような方法で車両を獲得したのかは分からないとしながらも、
米・財務省のテロ資金部門(西側の製品がテロ組織の手に渡ることを阻止しようとしている部門)による取り調べには協力する意向を示している。



おいおい、それからどれだけ時間が経ったんだ?

TOYOTAは本気で自車がテロ集団に使われている事を嫌がる様子もなく、相変わらずハイラックスはテロ集団の足として活躍している。

実はサウジアラビアの企業がTOYOTAの大きなディーラーとして存在する。

弊社が受けた情報では、「正規ディーラーながら違う会社名義でトヨタ車を並行輸出で第三国に横流しもしており。
そんな彼らの横流し先は、イラクやシリア等(トヨタが正規ディーラーを持たぬマーケット)で相当数の新車ランクルが彼らの手により横流しされてます。」
と、云う事だ。

この程度のことは、TOYOTA自体が事前にわかっていても不思議ではない程度の情報である。


何しろ、この会社でTOYOTAは年間25万台以上を販売してもらっている最大手の取引先なのだ。


今、日本で一番の企業になったTOYOTAはそのあり方を問い直すべき時だ。



実際には、その巨大企業には住友商事、デンソー、等と出資などに関して深い繋がりがあり、日本とは深い関係がある。






>>続きを読む
フクシマの嘘 ドイツZDF制作
1:2015/08/27(木)15:26:37 ID:




ドイツZDF制作

ドイツのZDF社が取材制作したビデオ
彼らが調査した福島原発事故をまとめてあります。
いづれにしても一度目にしておく事をお勧めします。




>>続きを読む
copyright © 2017 エレクトリックパラダイス                 Electric Paradise all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。